読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱い自分語り

Twitter→@dark_obscurite

金欠新社会人の引っ越し

最近とても暇なので淡々とクソ記事を書いているので

たまには役に立つかもしれない?ブログにしようと思います。

 

ちょっと前に

『引っ越しを業者に見積もり出したら14万円だった』

というのを書いたと思います。

 

ちなみに僕の場合、1人暮らしで

・テレビ

・冷蔵庫

・洗濯機

・テレビ台(縦1.5m×横0.5mくらいのクソデカサイズ)

・プラスチック製のタンス×2

・ズボンプレッサー

ダンボール10箱程度

・他県(200km以内)

で見積もりを出しました。

 

ググって相場を調べたところこの条件で5万円程度ということだったんですが、

(あくまでググったのみ)

3月下旬と、まさにピークの時期に引っ越しを予定したというのもあり、それで大分額を増されたようです。

 

ちなみに、僕は複数の業者に同時に査定を頼めるサイトで査定を出したんですが、ちょっとするとガンガン電話がかかってきます。

僕としてはメールで査定が送られてくるのかな、と思ってましたが、全社とも電話でした。やはり少しでも売り上げを伸ばしたいらしく、電話口で結構押されます。

電話のお姉さんがすごい押してくるので口座に10万円くらいしか無いのに14万円でついついOK出しそうになっちゃいましたからね。ちなみにその時点で初めて14万という想像の約3倍の値段が提示されたのでかなり焦ってました。

 

~実際のやり取り~

お姉さん「査定した結果、14万円となりました」

ぼく「14万!?うせやろ?

お姉さん「他社と比べましても大分お安くなっていると思いますが…」

ぼく「いや~…他の業者さんの見積もりがまだなので…ハハハ…」

お姉さん「ご依頼が後日になりますとさらにお値段が上がるかもしれません」

ぼく「あぁ~…でも、他の業者さんの見積もりを聞いてからってことで…」

お姉さん「私共より安く請け負われるところはないと思うんですよ(半ギレ)」

ぼく「(キレてるやん)すいません…またご連絡させていただくと思うんで…」

 

コミュニケーションに問題のある僕としては、査定額が予想をかなり上回る結果でなければ押し切られていたかもしれません。

(実家にいた頃薬のセールスに完全に押し負けて一時期置き薬があったことがある)

しかし引っ越しには業者に出す代金のみでなくいろいろとお金が必要なので、自力での引っ越しを決意しました。

 

自力で引っ越しと言っても片道180kmです。

近所に引っ越すみたいに、軽トラで何回も往復するという方法は取れません。

というわけで、一度重たい家具だけデカい車で運び、次に残りの荷物を車で運んでそのまま住むことにしました。

 

そして昨日。

後輩を一人引き連れ、ハイエースに家電もろもろを積んで新居へ向かいました。

荷物を大量に積むので、ワゴンタイプではなくバンタイプのハイエースを用意しました。

 

ハイエースの運転

幼女拉致誘拐専用車として名高いハイエースですが、このブログを読んでいる皆さんは拉致誘拐の経験がないと思うのでハイエースについて説明しようと思います。

ミニバンは何度か運転したことがありますが、ハイエースはそれより一回りデカい上に運転席も結構高い位置にあるので結構違和感があり、最初はかなりビビりました。フロントがかなり短い上にリアカメラが付いていなかったので後ろの感覚がかなり取りづらく、駐車は結構手こずります。

しかし公道に出てみると、運転席が高いおかげで車幅こそ広いものの車両間隔はつかみやすく、普通に走る分には一般の乗用車同様に走れます。気を付けなければならない点としては、細い道に曲がるような場合、内輪差が結構あるので基本的にはタブーとされる「膨らませて曲がる」というのを心掛けないと後ろの方を引っ掛けちゃうんじゃないかなと思いました。あと車体が長い分歩行者とかすり抜けてくる自転車・バイクが結構恐ろしいので教習車に準じるレベルで後方確認が重要になってきます。

乗り心地は恐ろしく悪いです。サスペンションが結構ガチガチなのか、ちょっとした段差でも割と激しめに揺れます。自分で運転してなかったら車酔いしてたと思います。

馬力はかなりあるので、山道を走っていても割とスイスイ進みました。でもエンジンが””かなり頑張っている感じの音””を出してくるので、少し不安になる瞬間もあります。

新居へのルートは山道続きなんですが、なんとか事故なくたどり着けました。(当たり前)

 

◯家電つらい

先程書いた通り、重いものとしては各種家電と無駄にデカいテレビ台があります。

昨日は後輩と2人で運び出しましたが、新居が2階だったので腕がやられるかと思いました。

洗濯機は45リットルサイズ、冷蔵庫は高さ120cm程度の2ドアのものでしたが、それでも割とつらかったです。少し前まで酒屋でバイトしていたので、20kg台のものは1人で普通に運んだりしていたんですが、それでもかなり重たかったです。

あと僕はマジで計画性がないので運ぶ直前まで冷蔵庫に物が入ってたり洗濯機も水道とかコードを繋げっぱなしだったりしたので処理に手こずりました。

 

入学当初の僕はうまく家事をこなそうと考えていたらしく、冷凍庫から消費期限が2013年4月の1㎏のひき肉のパックが発掘されました。1カ月しないうちに挫折してますねこれ。その他にも消費期限を数年過ぎた調味料がバンバン出てきました。ここ最近花粉症で鼻が詰まっていたんですが、中身を全部取り出した冷蔵庫の臭いを嗅いだらめちゃくちゃ臭かったです。

洗濯機は、ホース等を外す際に残留した水がこぼれたり、洗う際に落ちたホコリとか汚れが溜まったヘドロみたいなのが出てきたり、なかなか苦労しました。もう取り付ける労力がないので今度は業者に頼もうと思います。

 

◯部屋はキレイにしようね

めちゃくちゃ痛感してます。

今なお現部屋の掃除が完了していません。

家電も、色が白と黒ばかりなので溜まったホコリなんかの汚れがめちゃくちゃ目立ちます。運んでて「きったねえ」って自分で思いました。

いろいろ運んだりなんかしているとハウスダストが舞い踊って鼻腔をブチ犯してくるので花粉症と相まって鼻水が永遠に出続ける体になってしまいました。

あと家電なんかを動かした後にグロい光景が広がったりしてしまうので精神的にもちょっとアレですね。幸い僕がとても美しい心の持ち主だからかゴキブリなどの害虫の類は全く姿を見せませんでしたが、心が薄汚れた皆さんだとそうでもないと思うので気を付けてください。

 

◯まとめ?

とにかく、引っ越しにはめちゃくちゃお金がかかります。

業者に支払うだけではなく、新居の契約金なんかもあるからです。

自分の口座の残高のみでは必要な初期費用に逆立ちしても足りず、カードローンを利用する手を考えましたがなんだかんだ実家に頼ってしまいました。

社会人だ!自立だ!なんて思ってても、最後にもう一度甘えてみるのもいいんじゃないでしょうか(クズ)

 

今回かかった費用としては

18000円(レンタカー代+ガソリン代)

5000円(手伝ってくれた後輩の分含めての食事代)

の、トータル約23000円となりました。

もう一回レンタカーを借りるので、合計で4万円くらいになると思います。

14万円に比べると大分浮かすことができました。

 

大学生の1人暮らしからシフトする分には、1人ないし2人手伝ってくれる人がいれば業者を使わなくてもなんとかなるなあ、と思いました。

費用を考えれば業者の提示額は妥当だと思いますが、それを払う能力があるかどうかは別の話ですからね。

余裕があれば自力での引っ越しも1つの手ではないでしょうか。