読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱い自分語り

Twitter→@dark_obscurite

ぼく、彼女いるよ

この前帰省しました。

別に帰省自体は普通に楽しみだったんですが、
懸念材料が一つだけありました。
何かというと、『親が未だに僕が彼女できた事がないのを本気で心配している』ということです。

 

前回の夏休み中の帰省で、
『大学生なんていつでも彼女できるんだから笑』
みたいなテンションから一変、
『〇くんこの前彼女と帰省したらしいよ!』
『好きなように付き合えるのなんて今だけだよ!』
という感じで、割とマジで彼女はよ作れみたいな態度になってきたので
 
『あっ、こりゃやべえ』
と思った僕は、次の帰省までに彼女を作る…
 
なんてミッション・インポッシブルではなく、
『架空の彼女を作って安心させる』
というミッション・ポッシブルを
決行することにしました。
 
 
 
ウソに設定はつきものです。
ショーンKだって設定を細かく練ってたから
高卒でもハーバード卒で通用したのですから。
 
 
 
というわけで設定はこんな感じになりました。

f:id:oomsso:20160319035458j:image
 
 
なんで別れたことにしたのかというと
ボロが出そうだったからです。
 
恥ずかしいくらい童貞の好みがにじみ出てますね。
でもこれくらいの方が気持ちが入りますから。
ちなみに趣味が『ライブに行く』となってますが
これはaikoのライブを想定してます。
語られなかった裏設定ですね。
 
 
下手にネットで拾った画像を
彼女ってことにするとバレかねないので
『写真嫌い』ってことにしました。
我ながら巧妙ですね。
 
 
 
 
さて決戦です。
 
 
 
マッマ『彼女できた?』
 
ワイ『できたよ』
 
マッマ『やっと出来たんだ』
 
 
 
 
悲しくなりました。
あまりにすんなりと受け入れられたからです。
母は僕に彼女がいてもおかしくないと思っていたようです。
これが親フィルターというものでしょうか…
 
 
練りに練った設定もあまり活かされることはなく
ただ『留学中の彼女がいた』ということになりました。
 
 
ちなみにオシャレインテリ感を出したかったので
もし大学名を聞かれたら
エディンバラ大学と答えるつもりでした。

f:id:oomsso:20111218105347j:plain

エディンバラ大学

 

 

終わり。