熱い自分語り

Twitter→@dark_obscurite

京都への道

 

1年の後期が終わったあとにチャリで

京都まで行ったんですけど、そのことをあんま

言ってなかった気がするんで書きます。

 

 

 

3月上旬、魔の棚卸しバイト

(参照→バイト遍歴 ~棚卸し編~ 

を終えた僕は

帰省するついでにチャリで西の方まで

ドーンと進んでみようかと思ったわけです。

まあ、

チャリで途中まで走れば新幹線代が浮く!節約だ!

イヤッホーーーイ!!!!

というケチな考えが大きかったんですけどね。

 

どこまで行こうかな?

そうだなあ、スケジュール的に関西くらいで

止めといたほうがいいだろうなあ、

でもどこにしよう?

大阪かな、神戸かな、京都かな?

ウフフフフ・・・

 

結局目的地を決めきれなかった僕は

とりあえず西に向かって行くことにしました。

 

 

 

 

~初日~

愛知まで帰省するという某味障くんと共に

とりあえず浜松に向かうことにしました。

しかし、ここで重要なミッションが。

 

・棚卸バイトの制服を返却する

 

『クリーニングして返してね』という

会社側の言葉を無視する形で

洗濯だけしたものをオフィスへ返却。

名札のプレートを家に忘れたものの

今度返しますと言ってとりあえず進むことに。

(返しそこねて未だに家にある) 

 

だがしかしそこで既に昼前。(まだ静岡市内)

 

浜松なんて70kmしかないしへーきへーき

 

そんな考えで西へと進む僕らに試練が。

 

 

向かい風です。

 

神様のいたずらが如く急に吹き付ける

風速10m超の向かい風。雪も少々。

 

そんなこんなでクタクタになって

夜7時くらいに浜松到着。

 

僕は1人で生きていくんだ!とばかりに

味障くんに別れを告げてネカフェ泊。

 

 

~2日目~

ひたすら西に向かって国道1号線を走りました。

 

 

~3日目~

僕は京都にいました。

そう。僕はこの圧倒的脚力を活かし、2日かけて

浜松から京都までの約300kmを走り抜いたのです。

 

 

 

ウソです。

 

なぜ僕が京都にいたのか、その経緯を説明します。

 

2日目、僕はある場所で泊まりました。

それは浜松の隣の隣、約50km離れた豊橋です。

そう、連日の向かい風にうんざりした僕は

わずか50kmでギブアップしてしまったのです。

さすが自分を甘やかし続けて20年のベテランですね。

 

しかも贅沢にもビジネスホテルに泊まる始末。

 

翌日の朝、僕は豊橋駅にいました。

そう、豊橋から米原まで一気にワープをしてしまったのです。

 

 

米原に着いたのは昼前でした。

米原雪降ってた。

 

 そこから琵琶湖沿岸を走り

大津から京都へ入って終わったわけです。

 

大津から京都に行くルートなんですけど

途中山あってビビりました。

しかも京都に入っても山科から抜けるのにもまた山。

別にいうほど山じゃなかったけど

京都入りしたのが夜10時過ぎててめちゃ怖かった。

 

で、京都のネカフェに泊まったわけですが

なんか条例でドアが縦50cmくらいのすりガラスのみ。

プライベートとはなんなのか

 

 

そして翌朝京都駅から新幹線で博多まで帰りましたとさ。

 

静岡→博多 約17000円(学割使用)

 

ぼく 京都→博多 約13000円+ネカフェ(3000円)2泊

+ビジネスホテル(5000円)1泊=24000円+α

 

 

最初から新幹線で帰ったほうが安いじゃねえか・・・